年代別に見た化粧品の特徴

年代別に見た化粧品の特徴

年代別に見たスキンケアの特徴をわかりやすく解説します。(・∀・)b

スポンサード リンク
化粧品通販 > 年代別に見た化粧品の特徴

年代別に見た化粧品の特徴とは

見たことがある使いなれたスキンケアがいいのはわかります。

しかし、若いころの商品を30代、40代になっても使い続けるのは、その年齢の肌に合っていないのでスキンケアの効果がきちんと得られないです。

自分の肌は、年々変化しているのです。

いまの年齢に合わせた商品を定期的に選んで変えていかなければいけません。

スキンケアの特徴を年代別に挙げてみます。

 

10代の肌質としては、皮脂が多いことが挙げられます。

若い人がスキンケアを選ぶときには次の二点がポイントとなります。

・さっぱり系の洗顔石鹸。 ・ノンオイルの美容液。

 

20代の肌質は、ハリがあってトラブルも少ない状態です。

油分は少なめのものにした方が吹き出物ができにくいです。

さらに、スキンケアを選ぶポイント。

・さっぱり系の洗顔石鹸。 ・ビタミンC入りの化粧水。 ・ジェルタイプの美容液。

 

30代の肌質は、水分量が減ってきて乾燥し始めるころです。

保水力の高いものを中心として考えるべきです。

さらに、スキンケアを選ぶポイント。

・さっぱり系の洗顔石鹸。 ・ビタミンC入りの化粧水、セラミド入りの化粧水。 ・ナイトケア用としてアンチエイジング効果のある美容液。

 

40代の肌質は、肌から油分もなくなり、クリームを使って補う必要があります。

さらに、スキンケアを選ぶポイント。

30代のポイントにプラスして、アンチエイジング効果のあるクリームを使います。

このように洗顔はさっぱり系で洗い流して、30代からは保湿に重点を置き40代からは油分も足していくといったように使い分けていきます。

年代別に見た化粧品の特徴 トップへ戻る

Copyright 2014 © 化粧品通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
  • SEO
  • loading
  • 化粧品通販
  • reachWORD
seo great banner